髪の老化が気になったら。対策と防止策!

髪の老化が気になったら。対策と防止策!

最近、髪のスタイリングがどうも決まらなくなった....と感じている方はいませんか?

 

それはもしかしたら髪の老化現象かもしれません。白髪や薄毛だけでなく、髪質も老化によって変化してきます。

 

髪の老化現象って?

30歳前後、アラサー位から髪の老化が見られてきます。

 

髪の縮れ、髪のうねり・ハリ・コシの減少、艶の低下、白髪、薄毛など

 

髪の老化の原因と対策

髪の縮れの原因

加齢により頭皮の毛穴がたるみ変形する為、毛が生えてくる時に縮れ毛になります。

 

対策

頭皮の毛穴のたるみは頭皮のたるみが原因。頭皮マッサージが効果的です。オイルなどでシャンプー前に念入りに頭皮のマッサージをしたり、ヘッドスパに定期的に通うのも良いでしょう。

髪のうねり、ハリ・コシ低下の原因

髪の内部にある髪質(硬い・柔らかい・くせ毛など)を決定するコルテックスが加齢によりバランスが崩れ、偏ってしまう事が原因です。

 

コルテックスの細胞の分布が変化すると縮毛になり、老化のため髪が縮れる事もあります。(遺伝的にもともと縮毛の人もいます。)

 

若い頃はコルテックスがしっかり詰まり、縮れの無いハリやコシのある髪質でいられます。

 

対策

コルテックスの量を増やしバランスの良い状態でいる為には、髪の毛に栄養が行きわたるよう頭皮マッサージが効果的です。

 

またコルテックスが偏ると髪の水分量にも偏りが出る為、髪がパサつきます。対策としてはアミノ酸を主成分とした保湿力の高いシャンプーを使って髪の水分量をキープする事をおすすめします。

髪の艶が低下する原因

髪のうねりと原因が似ていて、コルテックスの量が減ってくる事と、また頭皮の血行が悪くなる事が原因です。

 

対策

髪のうねり同様、頭皮マッサージやアミノ酸を主成分とした保湿力の高いアミノ酸シャンプーに切り替える事が効果的です。

 

また必要以上に髪にダメージを与えない事も大切です。

 

髪にダメージを与えてしまう原因

  • 髪を濡れっぱなしにする
  • ドライヤーを髪の近くでかけている(髪から20cm〜25cmドライヤーを離すようにしてください)
  • 紫外線に長時間あたっている
  • ブラシを強引に行っている
  • トリートメントを使っていない

これらは全てダメージを与えて髪の艶を失う行為。気を付けて下さいね。

髪のエイジングシャンプーを使いましょう

髪のエイジングは頭皮環境の乱れや乾燥によるものがほとんど。

 

かつてのようにハリやコシのあるボリューム感のある髪を取り戻す為には、次のようなシャンプーを使う事をおすすめします。

  • 頭皮ケア、育毛ケアが出来る成分を含んだもの
  • 髪の潤いを守るアミノ酸系

洗浄力の高過ぎるシャンプーを毎日使うと、地肌や髪の皮脂を奪い過ぎて常に乾燥した状態になります。

 

スーパーや薬局でよく売られているシャンプーのほとんどは、洗浄力の高すぎる「高級アルコール系シャンプー」です。「高級」となっていますが、高品質という意味ではなく、配合されている炭素量が多いという意味です。

 

髪の老化が気になる世代におすすめしたいのは、汚れは落とすけれども髪や地肌に必要な潤いは残すアミノ酸系シャンプー。

 

アミノ酸シャンプーには抜け毛予防や髪の艶など機能が高いものが多く、特に30代後半以降の女性にはおすすめです。

 

ボリュームアップ・抜け毛対策!髪のエイジングケアシャンプー>>