髪のボリュームダウンシャンプーを厳選!髪がまとまらない人に

髪のボリュームダウンシャンプーを厳選!髪がまとまらない人に

髪が硬い、髪が多い、髪が太い、髪がパサついて広がる・・・

 

毎朝スタイリングに時間かけているのに午後になると、髪がボワッと広がり苦労している人も多いと思います。

 

髪のボリュームダウンに適しているのは「しっとりタイプ」のシャンプーです。特にオイル配合のものはオイルの油分で、非常にまとまりが良くなります。

 

オイル配合って重くならない?と心配になるかもしれませんが、馬油やホホバオイルのような人間の皮脂に近いタイプのオイルを使うと髪はさらさらになり、パサつきによる髪の広がりを抑えられるので髪のボリュームダウンにはぴったりです。

髪のボリュームダウンシャンプーランキング!

haru黒髪スカルプ・プロ

髪のボリュームダウンシャンプーを厳選!髪がまとまらない人に

アミノ酸ノンシリコンさらさら柑橘系の香り

髪質(硬い・太い・くせ毛)によるボリュームを抑える
ダメージ(乾燥・パサつき)によるボリュームを押させる

シャンプーに配合されているオイル

肌や髪になじみやすいオリーブオイル

人の皮脂に近いオレイン酸を含んだオリーブオイルを配合したシャンプー。

 

オリーブオイル自体が重めの感触で保湿力が高い為、haruシャンプー1本でも洗い上がりはしっとりです。

 

髪の水分を保持したまま洗えるアミノ酸シャンプーなので、髪の広がりを抑えたい人にぴったり。

 

 

リマーユシャンプー

アミノ酸ノンシリコンしっとり柑橘系の香り

髪質(硬い・太い・くせ毛)によるボリュームを抑える
ダメージ(乾燥・パサつき)によるボリュームを押させる

シャンプーに配合されているオイル

人間の皮脂に近い馬油

皮膚や髪になじみの良い馬油を使用したシャンプー。しっとりとまとまり良く洗えます。髪の水分を奪わない優しいアミノ酸シャンプーなので、ダメージによるパサつきやくせ毛による髪の広がりにも最適。

 

トリートメントにも馬油が使われているので、こちらも髪の広がりを抑えてくれます。特に髪の傷みで髪が広がってしまっている人におすすめです。

 

 

uruotteうるおってシャンプー

アミノ酸ノンシリコンしっとり無香料ハーブの香り

髪質(硬い・太い・くせ毛)によるボリュームを抑える
ダメージ(乾燥・パサつき)によるボリュームを押させる

シャンプーに配合されているオイル

人間の皮脂に近いホホバオイル

べたつきの少ないホホバオイルを使用した、髪や皮膚に優しいシャンプー。10年以上、東急ハンズで売れ続けている人気商品です。無香料タイプとハーブの香りがするタイプがありますが、ハーブの香りのする方が保湿力が上で髪をしっとりとまとまりよくします。

 

 

rinRen(凛恋 リンレン)レメディアル シャンプー ローズ&ツバキ

アミノ酸ノンシリコンしっとりフローラルの香り

髪質(硬い・太い・くせ毛)によるボリュームを抑える
ダメージ(乾燥・パサつき)によるボリュームを押させる

シャンプーに配合されているオイル

椿油

保湿力の高い椿油を使用したシャンプー。髪のおさまりがよく、根元はふんわりしながらさらさら感がでます。

 

 

 

髪のボリュームダウンにはオイル入りシャンプーが最適

オイルというとべたつきや重さが気になりますが、広がった髪のまとまりよくしたり、髪全体をしっとりとまとめます。

 

髪の指通りはさらさらと滑らかになる事が多く、美容室でも髪が硬い・多くてまとまらないタイプの人にすすめる事の多いのがオイル入りシャンプーです。

 

オイル単体で使う事も出来るのですが、オイルの種類や使い方によって重く仕上がる事もあるので注意が必要です。

 

しっとり・軽めに仕上がるオイル
馬油・ホホバオイル・あんず油

 

重めに仕上がるオイル
オリーブオイル、椿油

 

オリーブオイルや椿油のような重めに仕上がるオイルでも、haruシャンプーやrinRen(凛恋 リンレン)レメディアル シャンプー ローズ&ツバキのようにシャンプーやトリートメントに含まれているものであれば、それほど重くなりません。

 

特に髪の毛が広がりやすい湿気の多い時期は、朝のスタイリングも大変。

 

そんな時は、オイル入りシャンプーを使ってみると良いでしょう。

 

ボリュームダウン出来るドライヤーのかけ方

髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントをつけ、髪の根本から風を当てて後ろから前へ向けて乾かします。そうすることで根本が前に向いて収まりやすくなります。

 

つむじが右回りに生えてる人が日本人は7割くらいいて、右が毛流れの影響ではねやすいのですが、根元から前に向いて乾かすとはねません。

 

温風でドライアヤーをあてた後は冷風に切り替え、同じようにドライヤーをあてます。冷えた時に髪の毛の形がつくので、ここでしっかり冷風をあててボリュームダウンした形を固定させます。

 

絶対にやっていはいけないのが、ドライヤーを下から当てる事。髪が内側からふくらみ、ボリュームが出てしまうので気を付けて下さいね。

 

髪のボリュームダウンシャンプーランキング!へ戻る▲