古い皮脂や汚れを洗浄し頭皮に必要な皮脂を残すアミノ酸シャンプー

脂症でないのに地肌がべたつく場合、頭皮の潤いバランスをとる「アミノ酸シャンプー」がおすすめ

  • 脂症ではない(どちらかというと乾燥肌)のに頭皮がべたつく
  • ストレスや疲れがたまっている
  • 市販のシャンプーを使っている
  • 甘いものや脂っこいものを良く食べる

こちらに該当するタイプで頭皮のべたつきが気になる方の場合、古い皮脂や汚れを洗浄しながらも頭皮に必要な皮脂を残すアミノ酸シャンプーが最適です。

 

ちなみに、頭皮がべたついても上記に該当しない方は、次のタイプのシャンプーがおすすめです。
頭皮がギトギトした、脂症タイプ→脱脂力が強いシャンプー
大きなフケの塊がおちてくるタイプ→脂漏性皮膚炎シャンプー

 

脂症ではないのに頭皮のべたつきが気になる場合、乾燥している、髪を洗い過ぎている、または洗浄力が強すぎるシャンプーを使ってかえって皮脂過剰を招いている事などが原因と考えられます。

 

ストレスや疲れなど自律神経の乱れからくる頭皮のベタつきや、甘いものなどの食べ過ぎによる頭皮のベタつきにも、洗浄力が強すぎないアミノ酸シャンプーが適しています。

 

おすすめの頭皮のベタつき解消シャンプー

さくらの森シャンプー・ハーブガーデン

アミノ酸ノンシリコンさらさらハーブの香り

 

肌質:乾燥肌・普通肌・脂性肌・敏感肌
頭皮をスッキリさせる成分:フルボ酸、ソープナッツエキス、ローズマリー葉エキスなど

 

低刺激ながら洗浄力のある高級なアミノ酸、ラウロイルメチルアラニンNaを主成分としたオーガニックシャンプー。熊本産の天然ハーブが頭皮を清潔にし、保湿力の高いオリゴ糖やユズセラミド、ヒアルロン酸などがべたつきの起きにくい健やかな地肌へと育てます。

 

haru黒髪スカルプ・プロシャンプー

アミノ酸ノンシリコンさらさら柑橘系の香り

 

肌質:乾燥肌・普通肌・脂性肌・敏感肌
頭皮をスッキリさせる成分:ハイビスカスエキスなど(ハイビスカスエキスは、湿度が高いとべたつかず、逆に低いと保湿をする機能があります。)

 

保湿をしながら爽やかに洗浄できるシャンプーです。育毛ケア、白髪ケアも出来、年齢による髪の悩みに応えます。

 

アスタリフト・フォーカススカルプシャンプー

アミノ酸ノンシリコンしっとりフローラルの香り

 

肌質:乾燥肌・普通肌・脂性肌
頭皮をスッキリさせる成分:マイルドながら洗浄力が比較的高いアミノ酸、ココイルサルコシンNaが頭皮のべたつきを抑えます。

 

富士フィルムの美髪シャンプー。主成分はマイルドで保湿力の高いアミノ酸ですが、補助成分に洗浄力が高めの成分を使用。髪は潤いを与えながら、頭皮はさっぱりと洗い上げます。

 

 

脂性肌ではないのに、頭皮がべたつくのはこんな原因が!

ひどく乾燥がすすんでいる場合

肌が乾燥していると頭皮も乾燥している事がほとんどです。

 

しかし乾燥がひどくすすむと、頭皮を守ろうとするために皮脂が頑張って必要以上に出てこようとしてしまいます。

 

頭皮には身体の中で1番皮脂腺が多く存在する為(おでこや鼻などTゾーンの2倍!)、べたべたするほど皮脂が出てきてしまうんですね。

 

こちらのページでご紹介したアミノ酸を主成分としたシャンプーは、保湿力が高く頭皮、髪の潤いを守る為、乾燥体質の方に最も適したシャンプーです。

ストレスや疲れがたまっている場合

ストレスや疲れがたまると交感神経が優位になります。逆にリラックスしている時は副交感神経が優位になります。

 

交感神経が優位にあると男性ホルモンが促され、皮脂過剰を招いてしまいます。

 

加齢臭なども男性に多い症状ですが、女性ホルモンが少なくなる40代以降になると男性ホルモンの影響により皮脂が過剰に分泌され女性でも加齢臭を発生する事が多くなります。

 

肉体的・精神的な疲れがたまったら、早めに休息するなど自分なりのリラックス方法を見つけてなるべくストレスをためないようにして下さいね。

(洗浄力の強い)市販のシャンプーを使っている場合

ドラッグストアやスーパーなどで安く買えるシャンプーの多くは、洗浄力の高い石油系(高級アルコール系)の成分が使われています。

 

特に頭皮や髪に問題がなければそのまま使用していても良いのですが、乾燥肌の人や30代以降の人が使い続けると頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、地肌や髪の潤い不足を招きます。

 

こちらのページでご紹介しているアミノ酸シャンプーはシャンプーの原価が高くなるのですが、その分、頭皮や髪に優しく負担なく洗う事が出来ます。

 

頭皮のべたつきや異常が長く続く場合は、使用しているシャンプーの見直しをしてみると良いでしょう。

甘いものや脂っこいものを良く食べている場合

 

糖質は摂取しすぎると身体の中で脂肪に変換されます。脂は皮脂の元となるので、べたつきの原因となります。

 

甘いもの、脂分の多いものの取り過ぎは身体にも良くないので、ほどほどにしてくださいね。

 

おすすめの頭皮のべたつき解消シャンプーへ戻る▲

 

頭皮のべたつきを解消する診断チェック

あなたの髪にあったシャンプーを診断します。当てはまるものにチェックして、診断ボタンを押してください。

診断項目