静電気を防止するシャンプーの選び方*帯電防止剤入りのものを!

静電気を防止するシャンプーの選び方*帯電防止剤入りのものを!

乾燥する季節に洋服や髪同士の摩擦で起こる静電気。バチバチっとなるのも嫌ですが髪の傷みも気になりますよね。

 

静電気は髪の摩擦を引き起こし、キューティクルが剥がれて髪のダメージや絡まりの原因になります。

 

空気の水分不足、乾燥が原因で静電気は起こるので保湿対策がとても重要!シャンプーは保湿力が高く潤いを守るアミノ酸シャンプーがおすすめです。

 

静電気を防止するシャンプーの選び方

乾燥しにくい潤いを守るアミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは汚れや古い皮脂を落としながらも必要な潤いを守る髪や地肌に優しいアミノ酸シャンプーです。

うまく放電出来ない人には帯電防止剤入りのシャンプー

他の人と比べてすぐにバチっとなる、静電気をうまく放出できない、いわゆる静電気体質の人は、アミノ酸シャンプーの中でも特に帯電防止剤が主成分のものを選ぶと良いでしょう。

 

アミノ酸シャンプーの中にはベタインというビート(砂糖大根)由来の、保湿系成分が含まれた天然の両性界面活性剤入りのものがあります。帯電防止効果があり髪のコンディショニング効果もあります。

 

静電気を防止!帯電防止剤が主成分のアミノ酸シャンプー

リマーユシャンプー

アミノ酸 帯電防止剤 乾燥対策 ダメージ対策

主成分の帯電防止剤:コカミドプロピルベタイン

 

馬油配合のしっとり系のシャンプーで、特に乾燥してパサパサの髪の人にぴったりなシャンプーです。コカミドプロピルベタインという帯電防止効果のある両性界面活性剤が主成分。髪や皮膚になじみやすい馬油が含まれ、適度な潤いを髪に与えます。

 

静電気でキューティクルがめくれた髪を補修するクレアチンなど、ダメージ補修成分も豊富

 

シャンプーとセットで購入できるトリートメントも保湿力が高く、キューティクルを整えるユズセラミドや髪を摩擦から守る馬油が静電気から髪を守ります。

 

ダメージ髪、パサパサ髪+静電気が気になる人に!

 

ラフィーシャンプー

アミノ酸 帯電防止剤 乾燥対策 ダメージ対策

主成分の帯電防止剤:ラウラミドプロピルベタイン(=コカミドプロピルベタイン)

 

ラウラミドプロピルベタイン(=コカミドプロピルベタイン)という、こちらも帯電防止効果のある両性界面活性剤が主成分。美容室などサロンでおすすめもしているシャンプーです。

 

リマーユに比べるとダメージ補修力が弱めですが、ひどいダメージヘアでなければ冬の静電気対策に使いやすいアミノ酸シャンプーです。

 

 

rinRen(凛恋 リンレン)レメディアル シャンプー ローズ&ツバキ

アミノ酸 帯電防止剤 乾燥対策 ダメージ対策

主成分の帯電防止剤:ラウラミドプロピルベタイン(=コカミドプロピルベタイン)

帯電防止効果のあるラウラミドプロピルベタインが主成分のシャンプー。

 

rinRen(凛恋 リンレン)レメディアル シャンプーには、保湿力のあるローズ&ツバキと髪のべた付きを解消するユズ&ジンジャーの2種類あり、静電気対策には保湿力の高いローズ&ツバキがおすすめです。

 

 

静電気がなぜ髪のダメージに?

静電気により摩擦が起きると髪のキューティクルがはがれやすくなります。キューティクルがはがれてしまうと、髪に含まれるたんぱく質や水分が出てしまい、パサパサしたダメージヘアに。

 

乾燥していると静電気が起こりやすくなるので、特に湿度の低い冬はいつもより髪の保湿を念入りにする必要があります。

必要な潤いや水分を奪わないアミノ酸シャンプー

市販されていえるシャンプーの多くは硫酸系(成分・ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEAなど)が主成分のものが多いのですが、これらは洗浄力が強すぎて髪や地肌の必要な潤いも奪ってしまいます。

 

乾燥が気になるタイプの人が使うと、髪がパサパサになる事も。

 

アミノ酸シャンプーは髪の主成分、タンパク質を構成するアミノ酸と同じ成分。その為、髪に優しく保湿や保水効果が長く続きます。

帯電防止効果のあるベタイン系アミノ酸

ベタインは陽イオンと陰イオン、両方もちあわせた天然の両性界面活性剤です。帯電防止剤としてシャンプーのほか、トリートメントにもよく含まれています。

 

ベタインの中でも、リマーユシャンプーやラフィーシャンプー、凛恋シャンプーに含まれるコカミドプロピルベタイン(ラウラミドプロピルベタイン)は、洗浄力と帯電防止効果の両方をもつ成分。

 

皮膚や目への刺激が低くアミノ酸の中でも特に優しい成分で、乾燥体質の人や乾燥が気になる季節に使いたい洗浄剤です。

静電気が起こりにくいブラシは豚毛や木製のものを

摩擦によって生じる静電気は、プラスチックのような絶縁体(電気を通さない)ものとの接触で起きやすくなります。

 

髪をとかすブラシはプラスチックではなく、豚毛や木製のものが頭皮にも髪にも優しくおすすめです。

リンスやコンディショナー、トリートメントは必ず使いましょう

リンスやコンディショナー、トリートメントの多くには帯電防止剤が含まれます。髪に優しいアミノ酸シャンプーで洗った後は必ず使うようにしてくださいね。

 

髪の静電気を放っておくと、切れ毛や枝毛の原因にもなります。また水分不足の髪は帯電しやすく、空気中に存在するゴミやホコリなどを引き寄せやすくなります。

 

頭皮の炎症やかゆみなどの間接的な原因になる事もあるので、注意が必要です。

 

静電気を防止!帯電防止剤が主成分のアミノ酸シャンプーに戻る→