シャンプーの悪いシリコンと良いシリコンの違いって何?

ドラッグストアで買えるのは、粗悪なシリコンを大量に使ったシャンプー

シリコン=悪のイメージを持たれている方もいるかと思いますが、シリコン自体は医療現場やコンタクトレンズに使われたりする高級素材で健康に害を与えるものではありません。

 

ただ、シャンプーで使われるシリコンには良いシリコンと粗悪なシリコンがあり、ドラッグストアのシャンプーで購入できるのは、ほぼ安価で粗悪と言えるシリコンです。

 

粗悪なシリコン(水溶性ではないシリコン)とは

シリコンには水溶性のものとそうでないものがあるのですが、水溶性ではないシリコンは髪にくっつき表面をコーティングします。

 

その為シャンプーをすると髪が滑らかになり手触りが非常に良くなります。シリコンが大量に使われれば使われるほど、手触りの良さは増します。

 

この水溶性ではないシリコンは、髪に吸着したシリコンは毛髪をコーティングし、その後に使うトリートメントや美容液の栄養成分を通りにくくします。

 

水溶性ではないシリコンシャンプーを使い続けると、美容院でのパーマやカラーもかかりにくくなります。

 

水溶性シリコンを使った良質なシリコンシャンプーも存在する

髪をコーティングするシリコンですが、美容室で扱っている値段が高めの水溶性シリコンシャンプーはストッキングのようなネット状になっている為、栄養や空気、水分などを通します。

 

パーマやカラーリングにもほとんど影響しません。

 

シリコンは髪の摩擦やダメージを防ぐので、ひどく髪が傷んでいる人には美容室でもシリコン入りシャンプーをおすすめする事があります。(もちろん水溶性シリコンです)

 

シリコンを良いといっているメーカーや、シリコンが悪いと言っているメーカー。様々ありますが、そもそも言及しているシリコンの質が違うので、比較はあまり参考になりません。

 

シリコンシャンプーのまとめ

  • シャンプーで使われているシリコン(水溶性シリコン)には良いシリコンと悪いシリコンがある
  • ドラッグストアなどで売っているシリコンは、髪や地肌にくっつきやすい安価で悪いシリコン
  • 悪いシリコンは使い続けると、トリートメント成分が通りにくく、パーマやカラーがかかりにくくなる
  • シリコン自体に美容効果はない
  • 髪にひどくダメージを受けている場合は、良質な水溶性のシリコン入りのシャンプーを使った方が髪の摩擦を防げて良い場合も
  • 基本は、ノンシリコンシャンプーの方が、シャンプーの後のトリートメントなどの美容成分が髪に入りやすいのでおすすめ

おすすめのノンシリコンシャンプーをチェックする→