乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ

 

しっかり髪を洗っていても白いパラパラとしたフケが出てくる場合は、頭皮の乾燥によるフケが原因である事がほとんどです。

 

フケは頭皮の垢で新陳代謝により少しずつ剥がれ落ちるので、普通であればシャンプーをした時にきれいに落とせます。しかし頭皮が乾燥してターンオーバーが正常に行われないと、塊のまま剥がれ落ちてしまうんですよね。

 

頭皮の乾燥は、洗浄力の強すぎるシャンプーの使用やシャンプーのし過ぎ、加齢により頭皮の水分量が足りていない状態です。

 

安価で売られているシャンプーの多くは洗浄力が強い為、乾燥を引き起こしフケの原因になる事があります。フケの出にくい潤いのある地肌を目指したいのであれば、マイルドに洗えるアミノ酸シャンプーがおすすめです!

 

ハーブガーデンオーガニックシャンプー

ちゃんと洗えるのにマイルド!オーガニックアミノ酸シャンプー

アミノ酸ノンシリコンさらさらハーブの香り

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ
乾燥によるかゆみ・フケ、頭皮のべたつき、頭皮の臭い

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ 
脂性フケ

配合されているアミノ酸:ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na

優しく洗う+古い皮脂は落とす、の両方が可能な良質なアミノ酸を使った100%無添加・オーガニックシャンプー。フケを防止するローリエ、かゆみを防ぐよもぎなど天然のハーブを使用しています。

 

頭皮の乾燥を防ぐ無添加オーガニックシャンプー!

 

 

リマーユシャンプー

赤ちゃん用シャンプーに使われているアミノ酸が主成分!

アミノ酸ノンシリコンしっとり柑橘系の香り

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ
乾燥によるかゆみ・フケ

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ 
脂性フケ、頭皮のべたつき、頭皮の臭い

配合されているアミノ酸:コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa

マイルドに洗えるアミノ酸の中でも、ベビーシャンプーにも使われるほど低刺激な「コカミドプロピルベタイン」が主成分のシャンプー。人間の肌に限りなく近い馬油を使い、乾燥した頭皮や髪に潤いをもたらします。

 

肌がとても弱い人に!保湿力が高いアミノ酸シャンプー

 

ラフィーシャンプー

美容室でも取り扱いのあるアミノ酸シャンプー

アミノ酸ノンシリコンさらさらフローラルの香り

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ
乾燥によるかゆみ・フケ、頭皮のべたつき

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ 
脂性フケ、頭皮の臭い

配合されているアミノ酸:ラウラミドプロピルベタイン

乾燥によるかゆみやフケにも使えるシャンプーですが、保湿力の点では上記の2つにやや劣ります。 基本的に誰でも使いやすいアミノ酸シャンプーで人を選びません。業務用のパックで大容量。1本3か月〜6か月持ちます。

 

 

今のシャンプーがフケの原因になっているかも!?

市販のシャンプーが頭皮や髪の水分をどんどん奪っている

しっとりタイプのシャンプーを使っているのに、洗髪直後はしっとりしていても次の日は頭皮も髪もパサパサしてしまう....フケがパラパラ落ちてくる...

 

こういう方は、洗浄力が高すぎるシャンプーを使っているのかもしれません。

 

洗浄力が高すぎると、いくら保湿成分が補われていても、大量に配合されている洗浄成分で地肌や髪の潤いを落とし過ぎてしまっているので、保湿効果を感じる事はほとんど出来ません。

 

お手持ちのシャンプーの成分をチェックして、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、オレフィンスルホン酸Naという表示があったら、それは脱脂力が強いシャンプーで頭皮に合っていない可能性があります。

 

シャンプーの成分は配合されている量の多い順に並べられているので、一番左の「水」の次に来ている成分名をチェックしてみてください。

 

注意!脱脂力が強く乾燥を招きやすい洗浄成分

ラウリル硫酸(ラウリル硫酸Na、ラウリルエーテル硫酸Naなど)
ラウレス硫酸(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA、ラウレス-3硫酸アンモニウム)
オレフィンスルホン酸Na

ラウリル硫酸、ラウレス硫酸は値段が安い洗浄成分な為、市販の多くのシャンプーで使われています。ドラッグストアで1,000円以下で買えるシャンプーのほとんどはこちらの成分が使用されています。

 

オレフィンスルホン酸Naは植物由来のものが多くオーガニック系のシャンプーなどに使われている事もあるのですが、やはり安く使用できる洗浄成分で脱脂力が強めです。

 

脂性肌の人、20代以下の男性などこういった洗浄力が強いシャンプーが体質的にあっている人もいます。

 

ただ30代以上の人や乾燥しがちな人が毎日使うと、本来頭皮や髪に必要である水分や油分まで落としてしまい、パサつきやフケの原因になってしまいます。

乾燥体質の人はアミノ酸シャンプーに切り替えるだけで地肌や髪が変わってくる

髪や肌の潤いを守り必要な汚れだけ落とすのがアミノ酸シャンプーです。

 

上記の洗浄力の強い成分と比べると、値段が高くなるのですがその分、成分も良質です。

 

シャンプーに含まれる保湿成分も大切ですが、それはあくまでも補助的な成分。それよりもシャンプー成分の配分を多く占める洗浄成分の種類を選ぶ方が大切です。

 

そしてアミノ酸が主成分のシャンプーであれば、洗い過ぎを防げるので乾燥体質でフケに悩む方や加齢によりターンオーバーが乱れがちな30代以降の方に最適です。

ただし、こんなアミノ酸シャンプーには注意を!

最近では、アミノ酸シャンプー=良質なシャンプーというイメージが定着したせいか、アミノ酸を少量使用しただけでもアミノ酸シャンプーと表記して販売している商品もあります。

 

医薬部外品を除きシャンプーは成分の配合量が多い順番で表示する義務があるので、お店で新しくシャンプーを買うときは「水」の次に来ている成分をチェックしてください。

 

アミノ酸シャンプーと書いてあっても次の表示がある場合は、本当のアミノ酸シャンプーではありません。(少し入っているだけ)

「水」の次に記載されているのが以下の成分の場合、アミノ酸シャンプーではありません!

ラウリル硫酸(ラウリル硫酸Na、ラウリルエーテル硫酸Naなど)
ラウレス硫酸(ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸TEA、ラウレス-3硫酸アンモニウム)
オレフィンスルホン酸Na

 

「水」の次に記載されているのが以下の成分の場合、安心のアミノ酸シャンプー

ラウロイルメチルアラニンNa
コカミドプロピルベタイン(又はラウラミドプロピルベタイン)
ココイルグルタミン酸Na
ココイルグルタミン酸TEA
ココイルアラニンTEA
ココイルサルコシンNa
ココイルメチルタウリンNa

 

乾燥フケには、マイルドに洗うアミノ酸シャンプーがおすすめ

リマーユシャンプーでチェックすると、水の次にアミノ酸のコカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNaが表記されています。

 

アミノ酸シャンプーでフケの出にくい頭皮へ

フケは長引くと頭皮の炎症や抜け毛の原因にもなります。

 

きちんとシャンプーをしているつもりでも、乾いたパラパラしたフケが出たり、体質的に脂症ではないのにフケガ止まらない方は、頭皮の潤いを守りながら汚れを落とすアミノ酸シャンプーに切り替えてみると良いですよ。

 

乾燥フケにおすすめのアミノ酸シャンプーに戻る▲