ランドセルの修理や保証

子どもが小学校に通う6年間使用するランドセル。

 

ランドセルの修理や保証
そんな時はどうすればいいのか?ランドセルが壊れた場合の修理・保証について調べてみました。ランドセルを購入すると「6年間保証」がつくまず、ほぼ全てのランドセルは購入する時に6年間保証が付きます。これは6年間使用する間に何らかの故障・破損があった場合の修理に対する保証です。

 

では、どんな状況で壊れても修理の保証はしてもらえるのでしょうか?(例えば、乱暴に扱って壊してしまったなど、使用者の故意過失によるものも含まれるかどうか)答えはほとんどのメーカー・ブランドは「NO」です。

 

一部メーカーの保証内容を例にしてみていきたいと思います。

 

人気のランドセルランキングはこちら>>

 

■無償修理の対象例

 

  • ・金具類(カン、鋲など)の故障
  • ・破損の修復
  • ・ベルト(背・下)ちぎれの修復
  • ・その他、製造上の不備により発生した故障
  • ・破損の修復

 

上記のように通常に使用した上での経年劣化によるものが無償修理の対象となります。

 

では逆に、どういったケースが有償修理となるのでしょうか?

 

■有償修理の対象例

 

  • 1.ハサミやカッターで傷をつけた場合
  • 2.転んだりひっかかったりで傷をつけた場合
  • 3.油性ペンやボールペンなどでラクガキをした場合
  • 4.ランドセルに乗る・踏むなど故意的に形を変形させた場合

 

上記1や2のように、不注意や故意、誤った使用方法によって生じた故障・破損や、3や4のように本来の用途以外での取扱いによって生じた故障・破損については有償修理となりますので、保証の内容についてはあらかじめ確認をしておくことが大切です。

 

●どんな故障・破損でも修理してくれるお店が存在する!

 

ほとんどのメーカーで無償だけではなく有償の可能性がある事がわかりました。しかし、調べていく内に、上記の有償修理の対象の故障・破損でも無償で修理をしてくれるお店をみつけました!「池田屋」さんという1950年創業の老舗で、静岡県に3店舗、東京の銀座に1店舗を構えるお店です。こちらのお店では池田屋のランドセルであれば「6年間完全無料修理保証」をしてくれるというのでから驚きです。

 

上記有償修理となる例の2のような通常に使用しても大なり小なり傷がつく場合がほとんどなので、完全に無料修理という保証はありがたいです。

 

●修理を依頼する場合

では実際にランドセルが壊れてしまった場合、どのように修理を依頼すればいいのでしょうか?方法は、購入した店舗に持ち込むか、近くに店舗がない場合は郵送にて対応をしてくれます。修理期間は時期や破損の状況にもよって変わってくるようです。

 

修理に出している間の代替品を用意してくれるお店もあるようなので、修理の事でお困りであれば、購入した店舗(メーカー)に問い合わせをしてみると良いでしょう。

 

最後に、ランドセルのCMで「6年間保証がついているので安心」というメッセージを良く目にするので、ランドセルは6年間必ず保証される(どのようなケースでも無料で直してもらえる)と思い込んでいましたが、そうでないケースもあるという事がわかりました。6年間、大事に使ってほしいランドセルだからこそ、万が一の時の保証もしっかり考えて購入したいものです。

TOPへ