ランドセルのお手入れ方法はどうすればいいの?

小学校1年生から6年生まで使用するランドセル。

 

わんぱくな、男の子が使うと壊れてしまう場合もありますよね・・・

 

普通ランドセルというと耐久性があるように作られています。雨やちょっとの衝撃にも耐えられますが6年間持たせるためにはしっかりとお手入れしておいたほうが良いです。

 

ランドセルの種類

 

ランドセルのお手入れ方法はどうすればいいの?
もちろん、ランドセルの種類によってお手入れ方法も変わってきます。

 

人工の皮革

 

比較的安い材質ですが、強度はあります。汚れや傷に強いのでもし汚れた場合は、中性洗剤と雑巾や布で水拭きして問題ありません。

 

乾いた布でからぶきも忘れないでくださいね。

 

牛革、コードバン

 

高級な素材になるとお手入れ方法も慎重になります。まず汚れを布などで拭いてから、そのあとに革用のクリーナーで汚れを落とします。

 

その後皮をコーティングするクリームを塗ってつやを出すことも忘れずに。もちろん、はじめからコーティングされているランドセルもありますので、その場合は余計なクリームは塗らないほうが良いでしょう。

 

雨に濡れたらどうする?

 

ランドセルが雨にぬれ続けるとひび割れしてきます。かといって、雨に濡れた後にドライヤーを使うと皮が変形してしまうこともあります。

 

雨にぬれたらまず水分を布などでふき取って日陰など風通しの良い場所で乾かします。

 

雨の予防としてランドセル用のレインカバーを付けるのもおすすめです。面倒くさいですが、ランドセルのポケットにレインカバーを入れておいて雨が降ったらレインカバーをかぶせるようにお子さんに言っておきましょう。習慣化すればさほど手間はかかりません。

 

子供には、「6年間使う大切なものだから大事にしてね」と伝えてあげるのもよいでしょう。

 

汗がついたら

 

ランドセルを背負うベルトの部分に汗がつきます。夏になると汗がべっとりつくので帰宅後にランドセルの汗を拭きとって日陰で乾燥させましょう。

 

最近ではランドセルの背中パッドを使用するのもおすすめです。

 

TOPへ